2018年最新版!WEBデザイナー転職エージェントランキング

2018年最新版!WEBデザイナー転職サイトランキング

2018年最新版!WEBデザイナー派遣会社ランキング

転職を考えているWEBデザイナーの方へ

WEBデザインという仕事は、とても重宝されている仕事のひとつです。
実際に近年はWEBデザイナーの人材が足りていないので、求人数は年々多くなってきている傾向にあります。

WEBデザイナーの方で、現状の仕事のやりがいや給与・待遇面など、何らかの不満がある人は転職を考えてみるのもひとつの方法です。
現在はWEBデザイナーを求めている企業が非常に多いため、転職することよって待遇が良くなる可能性は大いにあります。

もちろん、転職はリスクも伴うので簡単に今の仕事を辞めてしまうのはよくありません。
転職を成功させるには、WEBデザイナーとしての自分のスキルがどれくらいで、行きたい企業が求めているスキルがどれくらいかを知ることが一番重要です。

スキルの把握と共に重要な事は、転職市場の動向を知るということです。
WEB業界の転職市場でいうと、今ははとてもWEBデザイナーの人材が足りなく、間違いなく売り手市場だということです。
転職をするには絶好の時期だと思いますが、無計画に仕事を辞めてしまうのではなく、自分の価値と転職市場の動向を認識した上で転職活動を進めましょう。
それがリスクを減らして自分を最大限に評価してもらえる企業を見つけることにつながります。

このサイトでは、転職を考えているWEBデザイナーの方に向けて、準備、勉強の仕方や転職活動の進め方についてご紹介していきます。
転職を考えているWEBデザイナーさんに少しでもお役に立てれば幸いです。




転職エージェントを上手に使う

転職エージェントはプロの方がサポートしてくれるので、積極的に利用すると転職を有利に進めることができます。
エージェントを利用すると、良い求人案件を紹介してもらうことでの他にも、担当のコンサルタントが転職についてのアドバイスをしてくれるところも登録者にとっては利点です。

WEBデザイナーは技術職ですので、高いスキルをアピールできれば面接は通りやすいですし、スキルを一番アピールできるのはやはりポートフォリオになります。
現在、WEBデザイナーの転職は売り手市場なので、ある程度のスキルがあって、会社を選ばなければ必ず就職先はあると思いますが、少しでも条件を良いところを目指すならポートフォリオを充実させて、自分がどんな技術があるのかを面接官にアピールするのが良い方法です。
ポートフォリオの作り方についてはこのサイトでも紹介していますが、転職エージェントを利用すれば、実際にWEBデザイナーの転職に詳しいプロの方がポートフォリオを見て、その感想や修正点なども教えてくれます。
実際のところ、担当コンサルタントによってもポートフォリオの評価の仕方は変わってくると思うので、いくつかの転職エージェントを利用して、その中でポートフォリオをコンサルタントに見せて、修正または追加していくのがいいと思います。

ポートフォリオ以外にも履歴書、職務経歴書の書き方や場合によっては、面接を受ける企業に合わせた面接の対応もアドバイスしてくれます。
WEBデザイナーとして何のスキルが必要であるとか、ホームページに記載されていない会社の社風やこういう人物が求められているというところまで、教えてくれることもあります。

そしてエージェントを利用すると、WEBデザイナーには多くなりがちな残業時間を企業側に代わりに聞いてくれたりもします。(面接前に実際のおおよその残業時間を教えてくれるところもあります)
また、とても重要な給与面も面接時にはなかなか聞きづらいですが、給与の交渉も代わりにやってくれます。

以上のことから、自分が行きたいと思っている企業を転職エージェントから紹介されると、面接に通る確率がぐんと上がっていくのでうまく活用してください。

最後に、このサイトでおすすめの転職エージェントをランキングにしたので、是非参考にしてみてください。
»転職エージェント総合ランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ

©2018 WEBデザイナーの転職応援サイト