ホーム > リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートのブランド力を活かして他社を圧倒する求人数を揃えています。WEBデザイナーの職種においても求人数の豊富さは、登録してみれば実感できることと思います。
求人数は業界でトップ、また、リクルートエージェントから転職した人の60%が年収が上がっているということです。
ただリクルートエージェントは、WEB系の転職を専門としているエージェントではないので、担当するキャリアコンサルタントによっては、業界の知識が少ないこともあり得ます。
また、会社の規模が大きいゆえに、1人のキャリアコンサルタントが抱える求職者も多く、親身になったサービスを受けられないケースもあるようです。
それでも、日本全国どの地域でもサービスを受けることができますし、登録後にログインすることができ転職の進捗を管理できる「Personal Desktop」も使いやすいと評判です。
転職活動を始める際には登録必須な転職エージェントと言えます。以下から簡単にエントリーできます。

オススメ度 カテゴリー 求人数 対応地域 雇用形態
星4つ 総合 約100,000件 全国 派遣・正社員

↓↓↓リクルートエージェントの公式ページ↓↓↓

リクルートエージェント転職支援サービス

リクルートエージェントの強み

「非公開求人」を多数保有して、希望にあった求人を厳選して紹介

リクルートエージェントは、全求人数のうち約90%の80,000件(WEB/IT系以外の職種も含む)がWEB上で閲覧することのできない「非公開求人」となっています。非公開の理由は、「注力部門を更に強化するための職種経験者の募集」、「新規事業参入に向けた新規メンバーの募集」、「できるだけ時間をかけたくないスピード採用」などさまざまですが、他のエージェントでは紹介してもらえない自分に合った企業を紹介してもらえる可能性が大きいです。
利用者からも「想像以上に求人を紹介してもらえた」との声が多く寄せられています。

リクルートが独自に収集した企業情報満載のエージェントレポート

業界分析から社内情報、選考のポイントまで、リクルートが独自に収集した情報が集められた「AGENT Report(エージェントレポート)」というものがあります。
登録後に活用できるサービスなので、ぜひ登録してWEBでは検索できない情報を手に入れて、面接に役立ててください。

早期離職率の低さ

もし求職者がリクルートエージェントから入社して半年以内に退職した場合は、リクルートから企業に対し返金のルールがあります。
「リクルートエージェントからの早期退職率が約4%と低いのは、サービスを申し込んだ人が入社先で活躍できることを考えてサポートを行っているからです。

リクルートエージェントのサービス

面接力向上セミナー

転職支援サービスに申し込んだ方のみを対象にした「面接力向上セミナー」を開催しています。参加者のうち99%が「満足」と回答するいう人気のセミナーです。
このセミナーでは面接官の立場をシミュレーション体験することにより、企業が求める人物像を逆の視点から把握することができます。面接官はどのポイントを重視しているのかがわかるので、自信を持って面接に挑め、面接通過率もアップします。
求人の量や質、豊富な情報やノウハウなどメリットは大きく、まずは登録しておきたい転職エージェントです。以下から簡単にエントリーできます。

登録から面談まで

まずは以下から簡単に登録できます。
登録すると一週間前後でリクルートエージェントの方から面談の日程調整の電話がきます。面談はリクルートの事業所に行くか電話面談かを選べます。
面談前にはキャリアシート、職務経歴書、アンケートの提出を求められます。WEBデザイナーだと、ポートフォリオの提出も求められます。(この段階では完全に完成したポートフォリオでなくていいです)
面談の時間はだいたい1時間半から2時間で、面談は完全個室で行われます。電話面談の場合は人にもよりますが30分程度で終わります。
キャリアシートや職務経歴書などは実際に応募する企業に送られる書類となり、面談ではこれらの資料の内容を確認しながら、修正点や改善点などを教えてくれます。
面談当日はキャリアシートや面談のヒアリング内容から、希望に合うような企業の求人情報を用意してくれるので、実際に応募するかどうかを検討して応募することができます。

↓↓↓リクルートエージェントの公式ページ↓↓↓

リクルートエージェント転職支援サービス

©2018 WEBデザイナーの転職応援サイト