WEBデザイナーの転職、転職エージェントと転職サイトどっちがいいの?

公開日:  最終更新日:2018/09/22

転職を考えているWEBデザイナーにとって、転職エージェントと転職サイトのどっちを利用すれば良い転職ができるのでしょうか。
結論からいうと、転職エージェントと転職サイトを併用するということになります。

転職を成功させるというのは、自分のやりたい仕事ができ、自分に合った企業で、待遇も良く働けるということだと思います。
それを実現するには、まずは数多くの求人から自分が働きたいと思う会社を見つけなければいけません。
そのため、転職エージェントと転職サイトの両方からできるだけ多くの求人案件をみていくことが必要になります。

WEBデザイナー転職イメージ

ここで転職エージェントと転職サイトのそれぞれメリット・デメリットを挙げていきます。

転職エージェントのメリット

■非公開求人を含め良質な求人を紹介してもらえる

転職エージェントはほとんどが非公開求人というサイトに掲載していない求人案件を持っています。
ここには有名企業や待遇の良い求人も多いので、その案件を紹介してもらえるのはエージェントならではのメリットです。

■専門のコンサルタントから業界の動向、自分に合う企業を教えてもらえる

WEBデザイナーの求人が増えているなどの業界の動向を教えてもらえます。
また、登録者の年齢やスキル、経験によってどの企業を紹介するかをコンサルタントが決めているので、自分がWEBデザイナーとしてどれくらいのレベルにいるかの目安を知ることができます。

■給与の交渉、面接日の調整、面接対策等も指導してもらえる

転職サイトからの応募だと企業側との面接、待遇の交渉はすべて自分で行うことになります。
エージェント経由で申し込むと、自分では言い出しづらい給与の交渉や過去の事例から面接対策まで行ってくれます。
転職活動をの孤独感をエージェントの担当コンサルタントが和らげてくれるので精神的にも支えになることが多いです。

■実際の社風や残業時間などの情報も教えてくれるので転職で失敗することが少ない

転職サイトだと情報が少なく、例えば残業時間など実際のものとは違う時間が書いている場合もあります。
エージェント経由だと転職サイトに比べると、実際のリアルな情報を知ることができるので、転職してからのミスマッチということが減ります。

転職エージェントのデメリット

■自分がそんなに興味がない企業も勧めてくる

エージェントによっては面接をとりあえず受けるように言ってくることがあります。
転職はあまり理想だけを追ってもうまくいかないことがあるのですが、自分のペースで転職活動を進めたい人にとってはデメリットになります。

■コンサルタントによっては業界の理解が浅く、見当外れな求人の紹介をしてくる

ほとんどの転職エージェントは専任のコンサルタントがつきますが、人によっては知識や経験がない場合もあるので注意が必要です。

■対応が面倒くさい

転職エージェントはこまめにメールを送ってくることが多いので、転職を長期スパンで考えている人にとっては対応が面倒くさくなることも。

転職サイトのメリット

■自分のペースで転職活動ができる

自分が良さそうな求人案件があればそれに応募するだけなので、自分のペースで転職活動を進めることができます。

■たくさんの転職サイトから求人を探すことができる

WEBデザイナーの求人を掲載しているサイトはたくさんあります。
それを空いた時間にチェックすれば、応募してみたくなる求人案件もきっと見つかるはずです。

■転職するか迷っているときでも、情報収集だけしやすい

まだ今の会社を辞めて転職しようか迷っている段階でも、求人情報を見ればどれくらいのスキルがあればどのような企業に就職できるかの目安がわかります。

転職サイトのデメリット

■サイト上の情報だけなので失敗しやすい

応募を増やすために、求人側の都合の良い情報しか転職サイトの求人情報に記載されてない可能性があります。
転職エージェントに比べると、その情報の信憑性は低いです。

■転職サイトが多いので、どのサイトをみればいいのかわからない

時間がない人にとっては、たくさんの情報から自分の行きたいような会社を見つけるのが難しい場合もあります。

■ブラック企業など、質の良くない求人もある

転職エージェントからの紹介案件に比べて、転職サイトの求人案件は質の良くないものが多いことがあります。
特にWEBデザイナーの求人の場合、残業時間については正確な情報を記載されていない可能性があるので注意が必要です。

■自分だけで転職活動を進めるので、精神的に不安になってしまう

転職活動は基本的には一人でやることが多く、書類選考が通らなかったり面接に落ちたりしたら、多少なりとも落ち込むものです。
エージェントを使わず転職サイトからの応募だと、なぜうまくいかないかのアドバイスをしてくれる人もいないので、精神的にも参ってしまうこともあります。

転職エージェントと転職サイトどちらもメリット・デメリットがあるので両方うまく活用することが大事です。
転職活動は人にもよりますが、本格的に活動開始してから2~3ヶ月で決まることが多いです。
その期間集中して転職活動をしたいなら、目安として転職エージェント2〜3社登録して、転職サイトは5サイトはチェックしておきたいところです。
転職エージェントは、持っている案件数と担当してくれるコンサルタントが業界に詳しいかというのでアタリハズレがでてきます。
自分にあった、エージェントとコンサルタントを見つけるためにも、エージェントは複数登録しましょう。
案件は良いんだけど、コンサルタントがあまり良くないと思うときは、コンサルタントを変えてくれるところも多いので、一度エージェントに問い合わせをしてみてください。
転職サイトは各サイト絞り込み検索や新着求人をメールで知らせてくれる機能などあるのでうまく活用してください。

このサイトでもWEBデザイナー向けの転職エージェントと転職サイトのおすすめランキングを掲載しているのでよろしければ参考にしてください。
WEBデザイナー転職エージェントランキング »
WEBデザイナー転職サイトランキング »

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑