転職理由の説明

公開日:  最終更新日:2016/02/24

転職活動を進める上で転職理由は面接で説明しておけるようにしておくべきです。
面接時に転職理由を聞かれたときの答えで重要なことは3つあります

1、できるだけ前向きな理由を言う。
2、前の会社をあまり強く批判非難しない。
3、自分の能力不足による転職だと思われないようにする。

これら3つは互いに重なり合うポイントでもありますが、順番に説明していきます。
1つ目の「できるだけ前向きな理由を言う」は「前の仕事はどうしても我慢できなくてやめました。」と言うよりも、「○○の仕事に挑戦したくて辞めました」とか「もっと○○のスキルを磨きたくて転職を考えました」と言ったほうがやる気も感じられますし、成長性も感じられます。
2つ目の「前の会社をあまり強く避難しない」は、事実として、もし100パーセント前の会社に落ち度があった退職だったとしても、それをあからさまに言い過ぎると、次の会社の採用側はいい気持ちはしません。
あまりに強く言い過ぎてしまうと入社後の貢献活躍のイメージよりも、また会社と揉めるんではないかとか、また辞めてしまうんじゃないかとイメージが面接官の中で膨らんでしまう可能性もあります。
事実は事実して伝えてもいいですけれども、表現には配慮してできるだけ相手にネガティブなイメージを抱かせないような表現を心がけるということが大切です。
3つ目の「自分の能力不足による転職だと思われないようにする」ですが、これが1番大事な要素かと思います。
例えば退職の理由が「降格をされて給料が下がってしまったので」とか「この仕事は向いてないと言われたから」とかでしたら、それを聞いた採用担当の人は能力がない人を採りたくないと考えてしまいます。
転職理由は面接で必ず聞かれるといってもいいので、答えをしっかり準備して面接に臨んでください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑