ホーム > マスメディアンの特徴は?

マスメディアンの特徴は?

マスメディアンは「宣伝会議」「ブレーン」「販促会議」などの雑誌を発行している広告業界にいれば知らない人はいないという有名企業から生まれた転職エージェントです。各企業とのパイプや情報ネットワークにより、企業の経営者や現場の管理者とコネクションがあるため、 他の転職エージェントにはない非公開求人(特命求人)を多数保有しているのが強みです。
マスコミ・広告業界に特化した転職エージェントなので業界に関しての転職ノウハウも豊富にあり、WEBデザイナーに限らず、WEBディレクター・アートディレクター・SPプランナー・プロデューサー・グラフィックデザイナー・コピーライター等クリエイティブ業界の転職希望者の支援は万全です。
WEBデザイナーの転職を考えているが、その後のキャリアプランとして、ディレクターやプロデューサーなどの職種を考えている人は面談だけでもして、求人情報や各業界の動向を聞いてみるのもいいと思います。

オススメ度 カテゴリー 求人数 対応地域 雇用形態
星4つ 広告・WEB 約3,000件 全国 正社員・契約・派遣

↓↓↓マスメディアンの公式サイトはコチラ↓↓↓

マスメディアン 転職支援サービス(無料)

マスメディアンの強み

広告・WEB・マスコミに強い

マスメディアンはインハウスのデザイナーや広告・マスコミ系の求人に強みを持っています。
求人数も多く、WEBデザイナーとWEBディレクターをあわせた求人数は500件をこえていて(2019年1月現在)、さらに非公開求人も用意されています。
WEBディレクターやWEBプロデューサーの案件も多数用意されているので、デザイナーからキャリアアップを考えている人にもぴったりです。

広告・WEB・マスコミに強い イメージ

業界の知識を活かした的確なアドバイス

広告・マスコミ業界に専門性が高いマスメディアンなので、コンサルタントも各業界の知識が豊富です。
履歴書や職務履歴書、ポートフォリオについてのアドバイスも細かくアドバイスしてもらえます。

コンサルタントが面接に同席

転職エージェントは数多くありますが、企業と面接に同席してくれるところは多くありません。
マスメディアンは、コンサルタントが面接前にアドバイスしてくれるだけでなく、一部の企業を除いて、コンサルタントが面接にも同席してくれます。
面接が苦手な人でもコンサルタントがフォローしてくれるので安心して面接に臨めます。

コンサルタントが選考前から入社後までしっかりサポート

応募企業の情報提供はもちろんですが、内定後の給与の交渉の代行や退社のアドバイスまでコンサルタントがフルサポートしてくれます。
このサポートは他の転職エージェントでもやっていることですが、マスメディアンは広告・WEB業界や各企業の独自の情報を多く保有しているので、応募者の要望に合った企業を紹介してくれる可能性が高いです。

過去の実績がすごい

マスメディアンはこれまで4万人を超える転職支援実績があり、電通や博報堂をはじめ、大手の有名企業への転職実績も多数あります。

マスメディアン実績企業 イメージ

派遣求人も多数

週4日以下や残業なし・時短など、ライフスタイルに合わせた働き方をしたい人も多いと思います。
特に結婚・出産を控えた女性などは、これまでの働き方を見直さなければならない場合も出てきます。
マスメディアンではそんな人のために派遣求人も数多く保有しています。

マスメディアンの派遣のメリットとして、宣伝会議・教育講座の無料受講や、福利厚生の「えらべる倶楽部」に加入することができます。
派遣での登録を希望する人は、派遣登録会で自分の働きたい時間の希望をコンサルタントの方に伝えると、希望の仕事が見つかりやすいです。

↓↓↓マスメディアンの派遣登録会ページはコチラ↓↓↓

【マスメディアン 派遣登録会】

マスメディアンのサービス

各業種の充実したセミナー

各業界で活躍する方を講師として招いた、無料の「スキルアップセミナー」を頻繁に開催しています。
また、書類不要で広告・Web業界の転職動向や求人状況を聞くことができ、求職者の相談にものってくれる相談会も開催しているのも転職を考えている人にはありがたいサービスです。

転職成功ガイド

公式サイトの「転職成功ガイド」のページには、履歴書のつくり方、職務経歴書のつくり方、ポートフォリオのつくり方、面接対策など職種ごとのポイントを掲載しています。
クリーリターが転職活動する際に読んでおくと、書類選考や面接の通過率が上がるような重要なポイントをおさえているので、時間があるときに読んでおくことをおすすめします。

↓↓↓マスメディアンの公式サイトはコチラ↓↓↓

マスメディアン 転職支援サービス(無料)

PAGE TOP ↑