自宅で働きたい!! WEBデザイナーの新しい働き方

公開日: 

WEBデザイナーやプラグラマーなどのエンジニアはPCとネット環境さえあればどこでも仕事ができます。
最近はフレックスタイム制や週2日は自宅で勤務可など働き方に幅が広がってきていて、今後も働き方の多様化は進んでいくと思います。
しかし、そういった制度を導入している会社は一部で、ほとんどの社員の方は週5回(もしくは6回)決まった時間に出社しています。
会社員といえども、自分の大切な時間を切り売りするわけですから、「自宅で作業して効率よく働きたい」という声が、近年多くなっているのは当然のことだと思います。
ここでWEBデザイナーが自宅で作業するメリットとデメリットを挙げてみます。

WEBデザイナーが自宅で作業するメリット

①通勤時間を作業時間に充てられる

長い人だと往復で4時間、平均でも往復2時間以上は通勤時間に費やしています。
しかも通勤が満員電車だとそれだけでストレスが貯まって、会社に着くまでに疲れてしまいます。
例えば通勤時間の4時間をWEBデザイナーとしての作業にあてたら、デザインでもコーディングでもかなり仕事を進めることができます。
自宅で作業して通勤時間をなくすことは、もしかすると一番のメリットといっていいかもしれません。

②好きな時間に仕事ができる

これも自宅ならではのメリットです。
体調があまり良くなかったり、ランチの後にすごく眠くなったりしても会社だと我慢して仕事をしなくてはいけません。
自宅だと体調が悪かったり眠かったりしたら、少し休んで後から、もしくは次の日にということも可能です(休んだ分はきちんと仕事をしなければなりませんが)。
また特に子供のいるご家庭だと、お子さんの送り迎えや学校行事、病気になったときの看病などの際にも対応できます。

③仕事の環境を自分の好きなようにできる。

会社での仕事環境が良いところはいいですが、雑音や他の人の会話がうるさかったり、苦手な上司とも顔を合わせるのが嫌だという人もいるんではないでしょうか。
特にデザイナーは集中して作業だけしたい時は多いので、自分の好きな環境で仕事をできるのはかなりのメリットです。

④無駄な残業をしなくて良い

自分の仕事が早く終わっても、周りの人が帰らないから帰りにくいといった経験がある人も多いと思います。
自宅作業なら周りの目を気にすることもありません。

WEBデザイナーが自宅で作業するデメリット

①自宅なのでだらけて仕事がはかどらない

人によっては家だとだらけてしまってテレビやネットを見てしまって仕事がはかどらないということもあると思います。
家だと自由な分、きちんと自分でスケジュール管理をすることが重要になります。

①コミュニケーションが会社にいるよりとりにくい

会社にいればすぐ顔を合わせて会話ができるので、急な打ち合わせでも対応できます。
ただ、最近ではチャットワークやスカイプなどのオンラインコミュニケーションツールがあるので、それほどのデメリットにはならないです。

③開発環境を揃えなくてはいけない

WEBデザイナーの場合PCとPhotoshop Illustrator DreamweaverなどのAdobe系ソフトが必須になります。
DreamweaverはSublime TextやAtomで十分代替がきくので、Photoshop Illustratorを自宅のPCに入れなくてはなりません。
ただ月額5000円程でAdobe Creative Cloudを入れられます。

以上のことから、自宅だと誘惑が多くて全く仕事がはかどらないという人は、従来通りの会社に行って仕事をするという働き方が合っていると思います。
しかし、それ以外のWEBデザイナー方は、毎日ではなくても自宅で作業をする日を作るということで、自分のライフスタイルをより良くしてくれるかもしれません。
今の会社がそういった自宅勤務を許可していない場合で、どうしても自宅で作業できる日を作りたい人は…

①会社に自宅勤務の制度を導入してもらう

②自宅勤務できるところに転職する

③フリーランスになる(業務委託の仕事をする)

④派遣やアルバイトで一定時間働き、それ以外の時間に別の業務委託の仕事をする

ということが考えられます。

①の会社に自宅勤務の交渉は現実的に難しいところが多いので、どうしても自宅勤務にこだわる人は職場を変えなくてはなりません。
②の自宅勤務できる会社の転職もうまくいけば良いですが、冒頭でも触れたようにまだまだそういった会社は少ないのが現状です。
③と④はデザインとコーディング(もしくはどちらか一方)がある程度できる人であればかなり現実的ではないでしょうか。

ただ、正社員の安定は捨てたくないという人に、正社員レベルの安心保障がついてWEBデザイナーの独立を支援してくれるサービスがあります。

エンジニアの新しい働き方を応援する「MIDWORKS」

MIDWORKSが選ばれる理由

Midworksは社員同等の保障で報酬は平均41.6%UP!

■MIDWORKSは収入を最大にリスクを最小に

もちろんリスクは少ないといっても、働き方や給料が大きく変わる可能性があるので、在職中の方は在職中に問い合わせてみましょう。

フリーランスというとハードルが高いですが、安定したお給料と自分のキャリアプランに合った仕事があれば働き方を変えてみるのもいいかもと思った方は、どんな仕事でどれくらいの年収がもらえるのかだけでもチェックしてみることをおすすめします。

MIDWORKS

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑