WEBデザイナーは武器をつくってフリーランスに

公開日: 

WEBデザイナーの働き方で一番良くないのは、スキルが上がらない職場に居続けることだと思います。
将来、スキル不足になって困らないためにも、常にスキルを上げられる環境にいることが大切です。
転職をしたり、業務委託(フリーランス)でいろいろな仕事を受けることで、WEBデザイナーはスキルアップにつながることも多いです。
特にフリーランスになれば、スキルアップ以外にも自由な働き方や高い報酬を手に入れることができます。
ここでは、WEBデザイナーがフリーランスになれるスキルについて紹介していきます。

フリーランスwebデザイナーイメージ

フリーランスは意外と簡単になれる!

デザイナーがフリーランスになる場合、自分で仕事を受注しなければなりません。
仕事を自分で受注するのは難しいと思う人もいると思いますが、ここ数年でWEB上で仕事の案件を探せるクラウドソーシングサービスが伸びてきているので、
仕事を探すのが以前に比べて格段に簡単になりました。
また、大手企業も社員よりは業務委託で働く人の割合を増やそうという流れがあることから、企業に常駐するフリーランスデザイナーも非常に増えています。
さらに年功序列という考え方もなくなってきているので、デザイナーがこれからフリーランスになるのはタイミング的にも良いのではないでしょうか。

WEBデザイナーがフリーランスになれるスキル

フリーランスになるのはハードルが高いと考えているWEBデザイナーもいると思いますが、WEBデザイナーがフリーランスになるスキルはそんなに高いものではありません。
なにか一つでもデザイナーとしての強みがあれば、フリーランスとして仕事を受注することが可能です。

webデザイナーイメージ

デザイン

一般的にWEBデザイナーとして働くにはPhotoshopやIllusutratorを使ってのデザインスキルは必要になってきます。
もちろんWEBサイト全体の設計やデザインができれば良いですが、WEBサイトの一部分の作成ができるだけでもOKです。

・バナー/ビジュアル制作

WEBサイトを作るにあたってバナーやアイキャッチなどのビジュアル素材が必要なことは多いです。
グラフィックデザイナーやDTPで働いてきた人で、WEBの知識が全くなくてもビジュアル作成の仕事は十分あります。
紙媒体からWEBデザイナーに移りたいという人でも、仕事内容はほとんど変わらずにWEBデザイナーとして働くことができます。

・LPデザイン

LP(ランディングページ)は商品やサービスを売るための重要なWEBページになります。
一般的なWEBサイトと比べてマーケティングの要素も入ってくるので、LPを作れるWEBデザイナーはフリーランスでも重宝されます。

・UI/UXデザイン

ここ数年で耳にすることが多くなったUI/UXデザイン。
UI(ユーザーインターフェース)とUX(ユーザーエクスペリエンス)の略で、整理されたレイアウト、見栄えの良い写真、見やすいカラー、最適な文字の大きさなど、ユーザーにとって使い心地の良いWEBサイトになるようにデザインすることを言います。
PhotoshopやIllustratorの他にXDやSketchといったワイヤーフレームを作成できると仕事の幅は広がります。

コーディング

webコーディングイメージ

・HTML/CSS

基本的にはWEBデザイナーといったらHTML/CSSを利用したコーディングができることが普通です。
もちろん上記のデザインの中から一つでも得意なものがあれば仕事は見つかると思いますが、コーディングができればさらに多くの仕事を受注できるでしょう。
グラフィックデザイナーからWEBデザイナーになりたい人は、まずはHTML/CSSを使って簡単なWEBサイトを作れるようになるといいでしょう。

・JavaScript/jQuery

WEBサイトのフロント部分の動きをつけるJavaScript/jQuery。
これらを使ってコーディングする人はフロントエンドエンジニアと呼ばれ、フリーランスだと非常に高い報酬の案件を受注できます。
HTML/CSSのコーディングがある程度一人でできるようになったら、JavaScript/jQueryを勉強することをおすすめします。
また、最近流行っているオープンソースのJavaScriptライブラリであるVue.jsやReactなどを身につければ、さらに、高報酬の案件の受注が見込めます。

イラスト/アニメーション

イラストやアニメーションを作成できる人も需要が高く、フリーランスの案件もたくさんあります。
特にゲーム業界では2D・3Dを問わずアニメーション制作の仕事はたくさんあります。
仕事例としては以下のようなものが多いです。

    ・3Dモーションデザイン
    ・2D、3Dアニメーション制作
    ・Mayaを用いたエフェクトデザイン制作
    ・Spineを用いたアニメーション作成

アニメーションの制作案件は高いスキルが必要なので、報酬も高く設定されていることが多いです。

ディレクション

WEB業界においてデザイナーは実際に手を動かしてWEBサイトを作成しますが、進行管理や顧客折衝、ワイヤーフレーム作成、アクセス解析などはWEBディレクターが行うことが多いです。
WEBデザイナーを経験してからWEBディレクターになる場合は良いですが、実際の現場ではWEBデザイナーを経験せずあまりWEBの知識もないWEBディレクターも多くいます。
逆に言えば、あまりWEB制作に詳しくなくても、フリーランスのWEBディレクターになれてしまうこともあります。
進行管理や顧客折衝に強みがある人は、経験が少なくてもフリーランスのWEBディレクター案件を探してみてもよいかもしれません。

webディレクションイメージ

この他にもWEBデザイナーはいろいろな仕事がありますが、この中で一つでも得意なものがあればフリーランス案件はあると思います。
まだWEBデザイナーとしてスキルが足りない人は、勉強して何か一つ武器になるスキルを身につけるとよいでしょう。
WEBデザイナーのフリーランス案件、特に企業に出向して仕事をする常駐案件だと、正社員の時に比べて1.5倍から2倍近くに収入が増えることもあります。
働き方も社員に比べて自由度が増すことも多いので、是非一度フリーランス案件がどのようなものがあるのかチェックしてみることをおすすめします。

このサイトでおすすめするフリーランスのエージェントは以下になります。
WEBデザイナーのフリーランス案件を紹介してくれるおすすめエージェントランキング

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑