クリエイターの転職

公開日:  最終更新日:2016/02/24

クリエイティブなことを仕事にしたいと思ってWEBデザイナーになった方、または目指している方は多いと思います。
クリエイターの本質というのは一体何かということなんですが、世の中に価値を生み出すもののことです。
結構勘違いしている人が多いのですが、作品を作ること自体は価値を見いだすことではないのです。
もちろん自分の作品を作ることで価値を認められる人もいます。
多くの場合、アート的なものだったり商業的でない芸術的なものですが、それはその芸術を求めている人とマッチングしなければそこに価値は生まれてこないです。
自分が提供したいと思っているものが、受け取る側に必要とされていない場合は価値が生まれていないので仕事につながらないわけです。

今はビジュアルだったりデザインが今までよりアート寄りなものも受け入れられてもらえるようになりましたが、多くの会社や経営者にとっては、そういったことよりも結果につながる、売り上げが上がるものをクリエイターに求めています。
クリエイターとして仕事をする場合、自分が商業的なものなのか、それとも芸術的な方面なのか、それによってマッチングさせる対象の人たちが違ってきます。それによって入る会社もおのずと決まってきます。
また、自分がどういったクリエイターになるのかを把握して、自分が提供できるものを必要としている業界であったり人であったりが、どこにいてどういった経路でその人達に届ければいいのかというのを考える必要があります。
このサイトをご覧のWEBデザイナーの方も、仕事や待遇に満足していない人はいると思います。
会社に入って組織に縛られたり、毎日残業をして働いくことも必要な時期はあると思いますが、自分の理想とする将来像に近づくために何をしなければいけないのかを考えていかなければいけない時期もあります。
自分で勉強したり、転職を含め環境を変えて自分の進みたい道に進んでいくのも人生の中で必要になってきます。そして自分の置かれている状況をきちんと把握して、目標に向かって進んでいけるような人はこれからの時代はさらに評価されていくのだろうと思います。
そして転職を考えている方は、何が最善の手段かしっかり考えてから行動してもらいたいです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑